バストアップサプリ 飲み方

MENU

バストサイズアップサプリの正しい飲み方と気になる副作用

サプリメントは医薬品のような飲み方の厳しい決まりはありませんが、
毎日飲み続けるものなので正しく効果的に飲むことが大切です。

 

ここでは、バストサイズアップサプリの正しい飲み方と
副作用の危険性について説明していきましょう。

 

 

効果的で正しい飲み方とは?

バストアップ 飲み方 画像

 

バストサイズアップサプリを効果的に飲む方法は、
商品それぞれの説明書に書いてある飲み方を守ることが基本です。

 

摂取量

説明書の目安量を守り、過剰摂取は避けましょう。

 

飲み方

水やぬるま湯で飲むことが基本です。

 

タイミング

厳密な決まりはありませんが、毎日同じタイミングに

決めておくことで飲み忘れを防ぐことが出来ます。

 

また、体が成長する夜に作用することを狙って就寝前に飲んだり、
吸収力が高いと言われている空腹時に飲むこともおすすめです。

 

 

バストサイズアップサプリの副作用について

 

バストサイズアップサプリは健康食品ですが、副作用の可能性も考えられます。
飲み始める前に、以下の点を覚えておくようにしましょう。

 

 

プエラリアの過剰摂取による副作用

バストアップ 飲み方 画像

 

多くのバストサイズアップサプリのメイン成分となっているプエラリアですが、
過剰に摂取することで副作用の危険性があると言われています。

 

副作用としては、腹痛や下痢、肌荒れ、生理不順や不正出血など
様々な症状が考えられます。

 

プエラリアの摂取量の制限は定められていませんが、
1日に1,000r以上の摂取危険だと言われています。

 

ただ、体質によっては1,000r以下でも影響が出始める可能性もあるため
1000rを超えなければ良いという判断ではなく、
メーカーが定める目安量をしっかり守って飲むことが大切です。

 

また、サプリに含まれているプエラリア以外の成分についても
多めに飲んだからと言って効果が早まるものでは無いので
プエラリアの配合されていないサプリについても
過剰摂取はしないようにして下さい。

 

 

アレルギーによる影響

バストアップ 飲み方 画像

 

バストサイズアップサプリには、大豆や山芋由来の成分
配合されている商品が多くあります。

 

また、カプセルの原料としてゼラチンが使用されているものも多いため、
アレルギー体質の方は有効成分の原料だけではなく
カプセルの原料にも注意をして事前に確認するようにしましょう。

 

成分を見てもよく分からない、自己判断は不安という場合は
かかりつけの医師に相談してから飲むと安心です。

 

 

18歳以下、妊娠&授乳中の摂取

 

バストサイズアップサプリメントは大人の女性を対象に作られており
女性ホルモンの働きに作用しバストアップを目指すものです。

 

そのため、体が発達途中にある子供や10代半ばまでの若い女性が飲むと
体が本来が持っている女性ホルモンの働きを混乱させたり
妨げたりする危険性があります。

 

18歳くらいまでは本来のバストの成長も期待できるので、
胸に悩みがある場合にはサプリメントに頼らずに
食事管理やマッサージで成長を促してあげるようにしましょう。

 

 

また、妊娠中や授乳中は体内の女性ホルモンの働きも
通常とは異なっているデリケートな時期です。

 

商品によっては「妊娠・授乳中も摂取可能」というサプリもありますが、
出来るだけ控えるようにした方が安心です。

 

どうしても使用したい場合は医師に相談するようにしましょう。

 

-----------------------------------------------------------

 

バストサイズアップサプリはしっかりと有効成分が配合されており
気休めではなく本当に体に働きかけるものです。

 

そのため、正しい飲み方を守らなければ体に余計な
負担をかけてしまう事にもつながります。

 

サプリメントは正しい飲み方が一番効果が出やすく作られているので、
自己判断ではなく説明書通りの使用方法を守って
効果的に美しいバストを目指しましょう!